ColorfulWorks

株式会社クラウドワークスが人事が運営するブログです。クラウドワークス社員の色とりどりなワークスタイルやカルチャーをご紹介します。

~新卒×ニューノーマル ~【第2弾】大阪・福岡から全国へ"働く選択肢"を広げる挑戦

f:id:eri123go:20200630151931j:plainこんにちは!採用広報の大橋です!

クラウドワークスでは「安心・安全」と「経済・企業活動の最大化」を両立するニューノーマル(新常態)な勤務体制へと移行しています。

そんな中、前回に引き続き「新卒メンバー×ニューノーマル」にフォーカス!
第2弾はフリーランスのエンジニア・クリエーターのためのエージェントサービス「クラウドテック」西日本事業部にて営業として活躍している19卒の大谷さんのニューノーマルなワークスタイルに注目します!

クラウドワークスに入社する以前のお話も伺っていますので、就活前の学生の皆さん、新卒や今後の働き方を考える20代の皆さんの参考になる情報があること間違いナシ!是非Checkいただければと思います^^

入社までの道のり

ー大谷さん、今日はよろしくお願いします。まずはじめに入社までの経緯を教えてください!

大学4年生の4月から、クラウドワークスの大阪営業所でインターンとして参画していました。当初は別のベンチャー企業に内定をいただいており、大学生の残り1年間のみ働くつもりでした。

インターンとして働く中で、クラウドワークスの事業のやり甲斐や社会貢献性を実感したこと、現在の上司の2人をはじめ、一緒に働くメンバーに惹かれたため、インターンからそのままクラウドワークスに入社することにしました!

働く中で芽生える想い

ー大谷さんが惹かれた、やり甲斐や社会貢献性、そしてメンバーのことを詳しく教えてください!

やり甲斐や社会貢献の部分では今後それぞれの場所で働く選択肢を増やすことを推進出来る点だと思っています。さらに、価値提供できていると感じるのは、今までフリーランスの方に仕事を依頼したことがない企業の方への新しいチャレンジのサポートが出来ること、フリーランスの方たちに対しては個々のライフイベントに合わせ、働き方を選択できたり、創出できる点ですね。

働く環境に関してはインターン時から変わりませんが、裁量ある環境で仕事を進められると感じています。自分で考え、できる部分は仕事をきちんと任せてくれる。助けを求めればみんな手を差し伸べてくれる。そんな環境なので、非常に働きやすかったうえに居心地も良かったです!何より主体性を持って仕事をしたい自分の志向に合っていたのではないかと思います。

また、西日本事業部は全員で決めた目標に対し、達成に向けて考え、走ることが出来る組織です。共通の話ができ、何よりスムーズ。進むうえで困るところがなかったです。
私が入社してからメンバーの数は約3倍になっていますが、良い意味で変わらないところですね。強い想いを持って同じ方向に向かっていけるメンバーたちだと感じています!

f:id:eri123go:20200629111505j:plain

西日本事業部(大阪・福岡)メンバー:終業後の交流の様子

コロナ禍での価値提供

ーコロナ禍での新たな試みがあったと伺ってますが、詳しく教えていただけますか?

「クラウドテック」のサービスを使って働くフリーランスの方には、企業のオフィスに常駐されている方がいらっしゃいます。そこで今回の緊急事態宣言が出る前、早期のタイミングから営業メンバー全員で利用企業へ1社ずつへ電話をかけ、リモートワークへの切り替えを提案していきました。お仕事をされているフリーランス方々の安心に繋がり、さらに、早期に対応してくれた利用企業様への満足度も高まり、結果的に両者にとって良い形になると考えました。

ー利用企業様全てに対応されたとは....すごいですね!どんなやり取りから結果に繋がったのでしょうか?

新規の成約数目標がある中で突如訪れたコロナ禍。。。ぶっちゃけ大変でした!
企業側も緊急対応等で連絡もなかなか取れない状況が続きました。それでも必ず話せるタイミングを握ることで、1社も抜け漏れなく対応し、クラウドテックの営業としてリモートワークに移行する意味を自分の言葉で伝えられました。その際大切にしたのは、企業側に対して別の企業でのリモートワーク切り替えに伴うタイミングやセキュリティ確保の方法など、事例をお伝えすることでした。

結果は非常に良かったです!何より緊急事態宣言が出る前の早いタイミングで企業側にアプローチ出来ていたことが一番良かったと感じています。

フリーランスの方々の中には、クラウドテックの対応に対して個々のSNS上で評価してくれる方もいました。企業側に関してもVPNの設定やリモートデスクトップについて共有することで、リモートワークの導入に踏み込んでくれました。最終的に私の担当企業は9割程リモートワークへ移行していただけました!

ー9割の企業に!コミットした結果ですね...すごいです

代表の吉田が全社に向けて「物事のタイミングが大事」と常々伝えていますが、まさにそれを実感した出来事でした。まずはそのタイミングを信じてやってみる。企業・フリーランスの方、双方にとってどういう意味を成すかを考えたうえで行動することは、とても大事であることを再認識できました。

コロナ禍の"個人"と"チーム"を考える

有難いことに、前回のキックオフの際に表彰いただいたり、"個人"で結果を出すことは徐々にできるようになってきました。
(※キックオフ:クラウドワークスで半年に一度行われる、全社集会)

現状の課題は「チーム(ユニット制:3名)」で結果を出すためにどういった貢献ができるか」あるいは「個人で200%の結果を出すためにどうすればいいか」を考えて働いています。

コロナ禍で新しいチャレンジをしている最初の時期なので、Webセミナーへの参加や、読書の量を増やすなど、インプットを中心に増やしています。

普段は意識的にインプットを絞り、すぐさまアウトプットへ。という流れを重視していましたが、今は新しい取り組みに伴ってインプットを増やしているところです。
仕事でやることはインプットからアウトプット。とにかく仕事でアウトプットを行う。
本を読んでそこで終わりしないことを考え、行動しています。

「チームで結果出す」という部分ではマネジメント寄りの内容をインプットを意識することで、みんなに還元ができるかどうか、伝えるならどう伝えることが相乗効果になるのか、ということを考えて実践しています。
最近読んだ本はこちら▶▶http://www.horei.com/seigo_1680.html

今振り返ると1年目は個人としても、チームへの貢献も両方したいと思ってあれこれインプットしすぎてしまっていたんです。結果は両方できなかった。
だからまずは個人としての成長を重視しようと思い、数字にコミットしてきました。その後チームとして貢献するためにマネジメントの部分のインプットも増やしている、といった流れで今に至ります。

f:id:eri123go:20200625160610p:plain

スケジュール大公開!

西日本事業部(大阪・福岡)でのコミュニケーションとは

大阪営業所では4月から新チームになって動いています。改めて関係性の構築や進め方を決め、業務を行っています。最近メンバー間で行ったことは以下の通りです。

・リモートランチ
・夕会でbabubabuタイム
 ※babubabu:クラウドワークス用語で、雑談できる場のことを指します◎
・朝会:始業後に15分程時間を取り、1人ずつ発表。内容は問わないものとして自由に発信できる場にしました。

f:id:eri123go:20200629111558j:plain

大阪・福岡メンバーでの朝会の様子

ニューノーマルな時代を考える

 ーニューノーマルな時代をどう考えますか?

ニューノーマル=選択肢がある
ということだと考えています。
・オフィスに出社して働く/家で仕事をする
・正社員で働く/フリーランスで働く/副業・複業をする

今回、新型コロナウイルスの影響で強制的にではありますが、多くの企業や働く社員がリモートワークを経験しました。生産性向上や多様な人々が活躍するためにも、これからも選択肢の1つとして残っていくはずです。私たちは今後も"働く"の選択肢を増やし、社会に提唱できる存在として価値を提供していきたいです。

ニューノーマルな時代の社会とのかかわり方

私は"企業"と"個人"の両方に、"働き方の選択肢"を広めていくことに貢献できればと考えています。特に首都圏以外の地方では、まだまだ進んでいないのが実情です。まずは大阪・福岡の営業所から、そして全国へ。使命感を持ち、伝達をしていきたいと、同じ方向に向かって全メンバーが日々奮闘しているので、このまま軸はブラさず進んでいこうと思います。

新メンバーへのメッセージ

ー今後クラウドワークスへ入社されるメンバーに一言お願いします!

私たちは今後も前例のないことをやっていくので、主体的に取り組み、状況を楽しめる方が合うのではないかと考えています!

現在所属している営業所でも1年前とやっていることは全然違う。前提を疑ってどんどん変化している環境です。正直しんどい部分や泥臭い部分もまだまだありますが、「仕組みがないなら作っちゃえ」という考えを持っている方にぜひ来ていただきたいと思います。一緒に社会の"当たり前"を創っていきましょう!

大谷さん、ありがとうございました!

昨年まで同じ営業所で切磋琢磨してした大谷さんへのインタビュー。(依頼の際、こちらも嬉しくなるくらい大喜びだった大谷さん!ご協力ありがとうございました^^)

地方拠点のクラウドテック西日本事業部(大阪・福岡)は、全社の中でもリモートワークの案件獲得に注力し、成長してきた組織です。
今回のコロナ禍によって、社内の全メンバーがリモートワークに再度向き合う中、クラウドテック西日本事業部では、社会に伝播する新たな取り組みや他チームの良い取り組みを実施することで、新しい価値の創出に繋がっています。今回のカラフルワークスを通じて、皆様に知って頂けると幸いです!

大谷さんのインターンからクラウドワークスで奮闘する姿、ニューノーマル時代に突入した今も個人やチームで何事も創り上げていく姿勢を感じ取っていただければ幸いです!

~新卒×ニューノーマル~、次回もお楽しみに!